試合結果
前の記事へ 記事一覧 次の記事へ

vs 清教学園 【大阪春季大会 1回戦】

2011/04/02

大阪春季大会 1回戦
@エキスポフィールド 10:00キックオフ

チーム

1Q

2Q

3Q

4Q

合計

関大一高 21 14 7 7 49
清教学園 0 6 6 0 12

春季大会1回戦は、新人戦で苦杯を喫した清教学園(以下清教)とのゲーム。
関大一高(以下一高)のキックオフで開始。清教の1stシリーズは自陣30yから、右オフタックルのランで6yゲイン。その後パス・オプションを試みるがパントへ。一高は自陣46yからのオフェンス。いきなり#20久保が右オープンから中へ切れ込むランでTD!しかし一高の反則により取り消しとなり、敵陣28yからのオフェンスとなった。
#40森岡、久保のランで1stDを更新、16y迄攻め込む。久保のランで9yゲインの後、再び久保の中央を突くランでTD!(計時5:29)
#56室谷のキックも決まり7点を先制した。
続く一高のキックオフ、清教のリターナーがファンブルしたボールを、#23阪本がリカバー!一高は敵陣41yからのオフェンス。#8QB石内が左右へのパスを試みるが不成功、パントとなった。しかしそのボールが清教のプレーヤーに当たり#24市田がリカバー!一高は清教ゴール前6yからのオフェンスとなった。ここからは、久保の連続のランプレーでTD!(4:03)キック成功、7点を追加した。
続く清教のオフェンス、中央のランプレーを#3吉永がナイスタックル!続くスイープはゲインを許すが、3rd4から左へのピッチに対し吉永、久保、市田が次々とサポート。4thD8、パントとなった。一高は自陣42yから森岡のラン、石内のキープで1stDを更新、敵陣47yへ。ここで、石内から市田への左サイドラインへのパスが決まりTD!キック成功、7点を追加、21-0で第1Qを終えた。
第2Qに入り、清教は自陣29yからランプレーを中心に3連続1stDを更新。敵陣14y迄攻め込み、左オフタックルのランでTD。(5:39)キックは不成功となったが、6点を返した。続く一高は自陣35yからのオフェンス。1stプレーで、石内から#11奥村への右サイドラインへのパスが透かさず決まりTD!(5:17)キック成功、7点を追加、28-6とした。清教は自陣36yからのオフェンス。ラン・パスを織り交ぜ敵陣40y付近迄攻め込むが、左へのピッチを市田がナイスタックル!ファンブルを誘い、#54公文がリカバー!一高は自陣37yからのオフェンス。石内から市田への左サイドラインへのパスが決まりゴール前9yへ。反則が発生した為、5yの罰退となったが石内から吉永へのパスが通りTD!(1:37)キック成功、7点を加え35-6と点差を拡げた。清教は自陣37yからのオフェンス。3rdD5からのパスで1stDを更新、次のシリーズもパスで攻め込むが3rdD2からのパスに対し、DLの要、#79佐嶋がQBサック!4thD12としパントへ。ここで前半終了、35-6での折り返しとなった。
後半は一高が自陣40yからのオフェンス。QBは#14岡口。#26岩永の右オフタックルのランで敵陣47yへ。再び岩永の今度は左オフタックルのランでTD!(9:09)キック成功、7点を追加、42-6とした。清教は自陣38yからのオフェンス。ミドルパス・スクリーン・QBキープでドライブを重ね、ゴール前15yへ。DL佐嶋もQBに手が届くがパスを決められゲインを許す。3rdD7からQBが左へピッチ、RBがそのままオープンを駆け抜けてTD!(4:42)PATのパスは不成功となったが、清教は6点を返し、42-12とした。一高は自陣40yから#33山西、#10兒玉のランで敵陣35y迄攻め込むが、パントとなった。清教は自陣6yからパス・スイープで1stDを連続更新、自陣41y迄挽回し、第3Qが終了。
第4Qに入り清教の3rdDからのパスプレーに対し、#68小林がQBサック!パントとなった。一高は敵陣49yからのオフェンス。兒玉のランが大きくゲインし、敵陣18yへ。阪本のラン、岡口から奥村へのパスが決まりゴール前1yへ!中央のランは止められ3yロスするが、次のプレーで兒玉が持ち込みTD!(5:51)キック成功、7点を追加、49-12とした。清教はキックオフリターンを大きくゲイン、敵陣25yへ。2ndD6からのパスに対し、#71中村、阪本がQBへプレッシャー、サック!清教は4thD14からのパスを成功させるが、1stD更新には至らず攻守交替。一高は自陣20yからのオフェンス、ランプレーが進まず3rdD13。岡口から#4大植へのパスは決まるがパントへ。試合終了迄1分を切り、清教は自陣20yからのオフェンス。ランプレーで大きくゲイン、反則も発生したがQBキープで1stDを更新。しかし、自陣30yからQBが右ロールアウトから投じたパスを兒玉がインターセプト!残り時間5秒で攻守交替。一高は敵陣42y、石内から奥村へのロングパスで一気にTDを狙うが不成功。ここで試合終了、49-12で一高の勝利となった。

試合写真




前の記事へ 記事一覧 次の記事へ