試合結果
前の記事へ 記事一覧 次の記事へ

vs 関西大倉高校 【大阪春季大会2回戦】

2011/04/10

2011.4.10 @エキスポフィールド 9:30キッキオフ

チーム

1Q

2Q

3Q

4Q

合計

関大一高 14 14 0 14 42
関西大倉 0 0 0 19 19

試合写真はコチラをクリック
春季大会2回戦は、関西大倉高校(以下関倉)とのゲーム。

関大一高(以下一高)のキックオフで開始。

関倉自陣46yからの1stシリーズ、左オフタックルのランが続けてゲイン。一高の反則(オフサイド)も発生し1stDを更新。敵陣42y迄攻め込むが、一高ディフェンス#40森岡、#24市田の素早い反応でパントとなった。

一高自陣9yからの1stシリーズ、#20久保の左オフタックルのランで1stDを更新。続いて#8石内から#3吉永へのミドルパスが決まり自陣41y迄挽回。そして次のプレー、石内から#11奥村への右サイドラインへのロングパスが決まりTD!#56室谷のキックも決まり、7点を先制した。(計時5:30)

続く関倉自陣38yからのオフェンス、
QBが右ロールアウトから投じたパスを#23阪本がきっちりと止め、続く左ロールアウトからのパスに対しては#71中村がラッシュ!
4thD12、パントとなったが一高ディフェンスがこれをチャージ!

一高敵陣30yからのオフェンスとなった。最初のプレーで一高が反則(ホールディング)、10y罰退となり敵陣40yから1stD20のオフェンス。ここで石内から#1田中へのパスが決まり1stDを更新、敵陣19y迄攻め込む。
#33山西、久保のランでゴール前4yへ。再び久保の右オフタックルのランでTD!キック成功、7点を追加、14-0とした。(0:46)

続く関倉自陣41yからのオフェンス、パスが決まり7yゲインした処で、第1Q終了。

第2Qは市田が左へのミドルパスをインターセプト!幸先の良いスタートとなった!
一高は自陣29yからのオフェンス。石内から奥村へのパスが見事に決まり、一気に関倉ゴール前へ。しかしランが進まず、一高の反則(フォルススタート)、パスも不成功となりFGへ。しかし惜しくも外れ、追加点には至らなかった。

関倉自陣20yからのオフェンス、QBキープで1stDを更新。続くシリーズはパスが連続して不成功、反則(フォルススタート)の発生で3rdD15、そこからのQBキープは#79佐嶋が捕らえてパントとなった。

一高自陣48yからのオフェンス、久保の右オフタックルのランで4yゲイン。石内から市田へのパスで1stDを更新、敵陣41yへ攻め込む。久保が右オプションからのピッチを、逆サイド迄駆け抜けTD!キック成功、7点を追加、21-0とした。(4:24)

関倉自陣42yからのオフェンス。エクスチェンジミス、パス不成功、又QBキープに対し#54公文のナイスタックルも有って、パントとなった。一高は自陣30yからのオフェンス、パスが連続して不成功の後、石内から田中へのロングパスが通りTD!キックも決まり7点を追加、28-0とした。(1:49)

関倉自陣29yからのオフェンス、1stDの右スイープに佐嶋が反応良く止めるが、中央のランがゲイン、1stDを更新。続くシリーズ、関倉のファンブルを中村がリカバー。前半終了迄5秒を残し攻守交替。敵陣49yからのオフェンスとなったが、パスが不成功となり前半終了。28-0での折り返しとなった。

後半は関倉のキックオフで開始。
一高自陣44yからのオフェンス、QBは#14岡口。しかしランが思うほどゲインせず、パントへ。

関倉自陣19yからランでゲインを試みるが、中村が素早く反応しパントへ。

一高敵陣48yからのオフェンス。QBは#12前田。QBキープ、兒玉のランで1stDを更新するが次のプレー、左へのピッチを関倉が押さえ攻守交替。関倉は自陣43yからランでゲイン、一高の反則(レイトヒット)も有って敵陣32yへ。ここからの関倉のオフェンスに対し、公文がプレーアクションからのパスをカット、中村も中央のランを止めるがパスを通され1stDを更新。
敵陣18yからもプレーアクションからのパス、スイープのゲインを許し1stDを更新され第3Qを終了。

第4Qは一高ゴール前6yから関倉のオフェンス。
パス・ランのゲインを許し、最後はゴール前1yから中央を突かれTD。キックも決まり7点を返され28-7となった。(8:32)

続く関倉のキックオフはアウト・オブ・バウンズへ転がり一高敵陣42yからのオフェンス。
石内から前田へのロングパスが決まりゴール前4yへ!
岩永の右オフタックルのランでゴール前1y迄迫るが、一高の反則(フォルススタート)で5y罰退、しかし最後は岩永のランでTD!キック成功、7点を追加、35-7とした。(5:40)

続く一高はキックオフを押さえ自陣44yからのオフェンス、
ランが進まず3rdDではファンブルをリカバーされ攻守交替。

関倉敵陣46yからのオフェンス、ランで1stDを更新、敵陣30yからプレーアクションからのパスが通りTD。キックは不成功となったが、6点を返し35-13とした。(1:49)

一高はキックオフを敵陣35yまで返してのオフェンス。
前田からのピッチを岩永が8yゲイン。続く前田のオプションキープで1stDを更新、再びオプションキープでゴール前5yへ。ここからは岩永へのオプションピッチ、同じく岩永の左オープンのランでTD!キックも決まり、42-13とした(0:50)

試合終了迄41秒となり、関倉自陣35yからのオフェンス。
一高ディフェンスのラッシュでロスするかに見えたが、そのままパスを投じ1stDを更新。続いて右へのスクリーンパスで再び1stDを更新し、ゴール前19yへ。QBがボールをスパイクし時計を止める。
続いて左ロールアウトからのQBキープでゴール前9yへ。最後は右コーナーへのパスでTD。(0:00)TFPは行なわず6点を追加。42―19とし試合終了、関大一高の勝利となった。



前の記事へ 記事一覧 次の記事へ