試合結果
前の記事へ 記事一覧 次の記事へ

vs 豊中高校 【春季大阪大会3回戦】

2011/04/16

2011.04.16 @エキスポフィールド 9:30

試合写真へ

チーム

1Q

2Q

3Q

4Q

合計

関大一高 0 0 0 13 13
豊中高校 7 0 0 7 14

 ベスト8が出揃った春季大会。関大一高(以下一高)は前評判が高い豊中高校(以下豊高)との一戦。無難に勝利を収めてきた一高だが、今日は真価を問われるゲーム。ベスト4を懸けての戦いは、一高のキックオフで開始!

先ずはキックオフカバーで、#3吉永がナイスタックル!
豊高自陣26yからの1stシリーズ。ランプレーを軸に1stDを連続更新して一高陣37yへ。左オフタックルのランでゲインを試みるがファンブル。これを吉永が素早くリカバーし、攻撃権を得る。

一高自陣44yからの1stシリーズ。
#8石内から#11奥村への右サイドラインへのパスで1stDを更新するが、その後は大きなゲインも無く、パスも続けて不成功となりパントへ、タッチバックとなる。

豊高自陣20yからのオフェンス。ランプレーが着実にゲイン、パスも織り交ぜながら一高陣35yへ。
QBキープは一高ディフェンスが反応良く止めるが、3rdD4からのパスプレー崩れでQBスクランブル。右オープンをそのまま走り切られTD。キック成功、7点を先制される。(0:45)

一高自陣45yからのオフェンス。ラン・パス共にゲインせず、3rdD8からのパスに対しても石内がサックされる。4thD20となり第1Qを終了。

第2Qは一高のパントから。これを豊高にブロックされ、豊高は一高陣32yからのオフェンス。ランプレーを試みるがファンブル。これを一高#23阪本がリカバー!自陣34yからのオフェンスとなった。#20久保のラン、石内から奥村への左サイドラインへのパスで1stDを更新。しかし、オフェンスが波に乗らずパントとなった。

豊高、自陣34yからのオフェンスは4thD1迄ゲインするがパントへ。

一高自陣45yからのオフェンス。ランプレーでゲインを試みるがパント、タッチバックとなった。

豊高自陣20yからのシリーズも大きなゲインは無くパント。

一高自陣38yからのオフェンスも、豊高ディフェンスに割って入られ、石内が手を掛けられてファンブル。続くパスも不成功、ランも大きなゲインとはならず前半を0-17で折り返した。

後半は豊高のキックオフで開始。
タッチバックとなったが、豊高の反則で5y罰退。
一高自陣25yからのオフェンスとなった。
石内から奥村へのパスは不成功となったが、#24市田への右サイドラインへのパス、吉永へのショベルパスで1stDを更新。
続くシリーズも久保のラン、市田へのパスで1stDを更新し敵陣49yへ。久保の左オフタックルのランは、豊高ディフェンスのナイスタックルで4yロス。しかし、石内から奥村への右サイドラインへのパスで1stDを更新。ペースを掴んだかの様に思えたが、続くシリーズはパスが続けて不成功となりパントとなった。

豊高自陣16yからのオフェンス。ラン・QBキープで1stDを更新、右サイドへのプレーアクションパスで再び更新、一高陣47yへ。
その後ランプレーを中心にゲインを重ね、一高ゴール前1y迄進み、第3Q終了。

第4Qに入り一高ディフェンスもゴール前で踏ん張るが、最後は中央のランでTD。キック成功、0-14と点差が拡がる。(9:10)

一高自陣21yからのオフェンス。久保、岩永のランで1stDを更新するが、次のシリーズはオフェンスが繋がらずパント。

豊高自陣15yからのオフェンス。右ピッチからのオープン、中央を突くランで1stDを更新、自陣26yへ。しかし、ランプレーが進まずパントへ。

一高自陣46yからのオフェンス。岩永のラン、石内から#1田中への右サイドラインへのパスで1stDを更新、敵陣32yへ。左サイドラインへのパスは不成功となるが、石内から市田への右コーナーへのパスが決まりTD!#56室谷のキックも成功、7-14とする(1:27)

続く一高のキックオフ、室谷が絶妙のオンサイドキック!阪本がこれを押さえ、一高自陣40yからのオフェンス!
石内から田中、奥村へのパスが通り敵陣7yへ!続けて市田への左サイドラインへのパスが成功。その後はパス不成功が続いたが、最後は石内から田中へのパスでTD!キックは不成功となったが6点を追加、13-14とした。(0:41)

一高は再びオンサイドキック。
又しても室谷が絶妙に転がし、攻撃権を得る。一高は試合終了迄38秒を残し、自陣40yからのオフェンス。最初のプレーで石内がサックされる。田中への左サイドラインへのパスは成功するが、続く右ロールアウトからのパスは不成功。最後は右ロールアウトから投じたパスをインターセプトされ万事休す。豊高オフェンスはニーダウンで時計を進め、試合終了。13-14で豊中高校の勝利となった。



前の記事へ 記事一覧 次の記事へ