試合結果
前の記事へ 記事一覧 次の記事へ

vs.大産大付属高 【決勝トーナメント・準決勝】

2011/10/09

10/09 12:30キックオフ @大産大高グランド

チーム

1Q

2Q

3Q

4Q

合計

関大一高 0 0 6 0 6
大産大付属 0 20 7 14 41

試合経過  試合写真はコチラ
全国大会予選、決勝トーナメント準決勝。
関大一高(以下一高)は春の関西王者、強豪の大阪産業大学高校(以下産大高)との対戦。勝てば全国大会への切符を手にする試合は、産大高グランドにて12:30キックオフ。

先ずは一高のキックオフで開始。
産大高 自陣21yからの1stシリーズ。産大高はモーションから左右へのオープン、中央のランで1stDを連続して更新し、一高陣20yへ。
産大高のフォルススタートの反則も発生し、ドロー、QBキープでゲインするも3rdD10。
ここからのパスプレーに対し、#3吉永がQBサック!
産大高のパントはタッチバックとなる

一高 自陣20yからの1stシリーズ
#8石内から#12前田へのミドルパス、#20久保の左オフタックルラン、石内から#1田中へのパスが成功しゴール前2yへ。久保のランはノーゲイン、石内から#40森岡へのTDパス成功したかと思われたが、惜しくもOBでのキャッチ。3rdDからのパスはカットされ、TDを狙ったパスも不成功となり攻守交替となった。

産大高 自陣2yからのオフェンス。
中央のランは森岡がナイスタックル!産大高はパーソナルファールで1名退場の後、左サイドへのロングパス。これを田中、#31粂田、#18新谷がナイスカバーで不成功!
産大高はパントとなったが、一高リターナーがこれをファンブル。産大高が押さえ、引き続き自陣43yからのオフェンス。中央のランを森岡が素早くタックルしたところで、第1Q終了。(0-0)

第2Qに入り産大高は、右オプションピッチでロングゲイン、一高陣15yへ。
中央のラン、QBキープで1stDを更新、最後は右オフタックルランでTD。キック成功、7点の先制となった。(計時7:55)

一高 自陣44yからのオフェンス。
久保のドローはロス、石内から#11奥村への右サイドへのパスは不成功、3rdD14となったところで石内が左ロールアウトから投じたパスを産大高がインターセプト。産大高は自陣47yからの攻撃権を得た。

産大高は右サイドラインへのパスが成功し一高陣17yへ。オプションからのQBキープを続けてTD。キック成功、0-14とした。(5:04)

一高 自陣43yからのオフェンスだが、ランプレーが進まずパント。

産大高 自陣25yからのオフェンス。中央へのロングパス、ドロー、オプションピッチ、ヒッチパスでゲインを重ね一高陣25yへ。最後は右コーナーへのパスでTD、キックは不成功となったが、6点を追加、0-20とした。(0:23)

一高 自陣39yからのオフェンス。パスプレーでゲインを試みるがここで前半終了。0-20、産大高リードでの折り返しとなった。

後半は産大高のキックオフで開始。一高 自陣28yからのオフェンス。
久保の左オフタックルランで1stDを更新、石内から吉永へのパスで再び1stDを更新し敵陣45yへ。
危うくインターセプトされかかった次のパスプレーでは、石内が捕まりノーゲイン。3rdDで石内から森岡のパスは成功したが4thD6、パントへ。
ここでパントフェイクからの左オープンランで1stDを更新、敵陣27yへ。ここから森岡が中央を駆け抜けTD!キックは不成功となったが6点を返し、6-20とした。(5:28)

産大高 自陣39yからのオフェンス。
ラン・パスで1stDを更新、5連続ランプレーで一高陣18yへ。左サイドのQBキープは#79佐嶋がサック!しかし、3rdD12からの中央へのパスでTD。キック成功、7点を追加し6-27とした。(0:43)

産大高のキックオフは直接OBへ。蹴り直し。
一高 自陣45yからのオフェンス。久保の中央ランで5yゲインしたところで、第3Q終了。(6-27)

第4Qに入り石内から田中へのパスで1stDを更新するが、次のプレーでファンブル、攻守交替となった。

産大高 自陣37yからのオフェンス、
ミドルパスで1stDを更新。中央のランは佐嶋がタックル!パスも続けて不成功となりパントへ。

一高 自陣15yからのオフェンス。久保のオープンランで2yゲイン、石内から吉永へのパスは一旦キャッチしたかと思われたが、ボールが浮きインターセプト、攻守交替。

産大高 次のシリーズで3rdDから左サイドラインへのパスでTD。キック成功7点を追加、点差を拡げ6-34とした。(4:12)

一高 自陣32yからのオフェンス。石内から奥村へのパスは産大高のインターフェア。再び奥村へのパスで1stDを更新。石内から吉永へのパス、#33山西の中央のランで1stDを更新、敵陣42yへ。続いて石内から奥村へのパスで1stDを更新、敵陣22yへ。
ここからパスを続けるが、4thD10からのパスも不成功となり攻守交替。

産大高 自陣22yからのオフェンス。QBキープで1stDを更新、続くシリーズのパスは不成功、スイープに対しては一高ディフェンスが反応良く止める。しかし、3rdD11からのドローで大きくゲインしそのままTD。キック成功7点を追加、6-41とした。(0:12)

一高 久保が、次のキックオフを大きくリターン!あと少しでTDの所まで返すがダウン。
ここで試合終了、6-41で大阪産業大学高校の勝利となった。




前の記事へ 記事一覧 次の記事へ