試合結果
前の記事へ 記事一覧 次の記事へ

vs.大阪学芸高校【春季大阪大会3回戦】

2012/04/15

4月15日 11:30 @エキスポフィールド

チーム

1Q

2Q

3Q

4Q

合計

関大一高 6 0 7 14 27
大阪学芸 0 13 0 0 13

第1Q
関大一高(以下一高)のキックオフで開始。これがサイドラインを割りOBへ。大阪学芸高校(以下学芸)自陣40y、中央のランでゲインするが3rdD2でエクスチェンジミス。何とかQBが押さえ4thD1、ギャンブル。しかし中央のランは、一高ディフェンスがきっちりと止めて攻守交替!

一高敵陣49y、QBは#2前田。#1田中への右サイドラインへのパスは不成功。続く#16地村への右ピッチで大きくゲインするが、一高のホールディングの反則により、反則の有った地点から10yの罰退となり2ndD15。連続でパスを試みるが不成功、パントへ。

学芸自陣14y、中央のラン、QBキープで1stDを更新。連続のランプレーでゲインを試みるがパント。

一高自陣43y、地村の右オープンランで9yゲイン、#23坂本の中央ランで1stDを更新し敵陣42yへ。前田から#4大植へのパスは不成功となるが、坂本への左サイドへのパスで1stDを更新。敵陣32yから前田のスクランブルで再び1stDを更新しゴール前11yへ。地村の中央ランで6yゲイン、続く地村への左へのピッチでTD!#21藤田のキックは不成功となったが、一高が6点を先制した。(計時1:02)

学芸自陣44y、一高ディフェンスのオフサイドで5y前進し1stD5、中央のランで2yゲインし第1Qを終了。(6-0)

第2Q
学芸敵陣49y、2ndD3からはQBスクランブル、右オープンを走り1stDを更新。ここからは、連続のランで1stDを更新し一気にゴール前15yへ。再び中央のラン、QBキープでTD。キック成功7点を返す。(5:36)

一高自陣34y、前田のキープ、中央のランで3rdD2としたところで、前田から田中へのパスはインターセプト。学芸は敵陣45yから攻撃権を得る。

中央ラン、左オフタックルランで1stDを更新、ここでも連続の中央ランで1stDを更新し、一高ゴール前23yへ。QBキープ、中央を突くランでゴール前4y。中央ランは一高ディフェンスが粘り強く止めるが、最後はダイブでTD。TFPのキックは#19山根がカット!6点の追加に留める。(0:09)

一高は前田のリターンで自陣33y、前田のキープがダウンしたところで前半を終了。6-13での折り返しとなった。

第3Q
学芸のキックオフを、リターナー前田が敵陣28yまで返すビッグリターン!続くシリーズは前田のキープ、地村の右ピッチでゲインし、最後は地村の中央ランでTD!藤田のキック成功、7点を返し13-13の同点とした。(8:23)

続くキックオフ、藤田が蹴ったボールはナイスキックとなり、学芸は自陣ゴール前1yからのオフェンス。中央のランはさほどゲインせず、パスには#79佐嶋がプレッシャーを掛けパントへ。

一高敵陣49yへ、前田から大植へのミドルパスは不成功。しかし前田のキープで、右オープンを17yゲイン、1stDを更新。
敵陣32yから一気にTDを狙った田中への左コーナーへのロングパスは、タッチバック。

学芸自陣20y、ラン・パス共にゲインせずパント。

一高敵陣41y、前田から田中へのリバースはロス。前田のキープもゲインせず、パスも不成功、パントへ。地村のパントはナイスパントとなり、学芸はゴール前1yからのオフェンス。
3rdD4となったところで第3Q終了。(13-13)

第4Q
学芸は右オフタックルランで1stDを更新。自陣14yまで前進したところでのパスは佐嶋がカット!しかし、続く左オープンランが大きくゲインし1stDを更新。
学芸自陣38yから、ミドルパスが成功したがこれをファンブル、田中が拾い上げ敵陣28y迄返し攻守交替!

一高は地村への右ピッチで1stDを更新。前田の連続のキープで1stDを更新し学芸ゴール前1yへ!地村のランでTDを狙うが学芸ディフェンスが踏ん張る。ゴール前インチから再び地村のランでTD!藤田のキック成功、7点を追加20-13とした。(6:47)
学芸自陣35y、QBキープ、パスでゲインを試みるがパント!

一高自陣30y、前田から坂本へのパスは成功するが3yのゲイン。地村へのピッチも止まりパント。

学芸自陣16y、右サイドへのパスが決まり1stDを更新し、自陣41yへ。
QBキープ、パス、ランで攻めるが4thD4、ギャンブル。しかし#47中村、佐嶋が反応良く止める。

一高敵陣45y、前田から大植へのパスが成功しTD!藤田のキック成功。7点を加え27-13とした。(1:47)

学芸自陣22y、ドローで1stDを更新。ここからはパスでゲインを試みるが#66安田がプレッシャーをかける。試合終了まで27秒からミドルパスで1stDを更新するが、時間も無くなり左サイドへのパスが不成功となった次のパスプレーで、#26岩永がインターセプト!

一高自陣36y、田中への右サイドへのパスが不成功となったところで試合終了。
27-13で関大一高KAISERSの勝利となった。



前の記事へ 記事一覧 次の記事へ