試合結果
前の記事へ 記事一覧 次の記事へ

vs.浪速高校【春季大阪大会2回戦】

2013/04/13

vs.浪速高校 12:00キックオフ @エキスポFF
※早朝に起こった地震のため試合時間が遅れました

チーム

1Q

2Q

3Q

4Q

合計

関大一高 10 14 17 0 41
浪速高校 0 6 0 8 14

【第1Q】
一高のキックオフで開始。タッチバックとなり、浪速高自陣25yからの1stシリーズ。
左オフタックルランで自陣42yへ。次のシリーズ、QBが左へキープするが#6松下が反応良くロスタックル!続くパスは不成功、反則も重なり4thD17パントへ。

一高自陣44yからの1stシリーズ。QBは#10佐竹。#21藤田、松下、1年生#22田中のランで一気にゴール前へ。最後は松下の中央ランでTD!藤田のキック成功、一高7点を先制(計時6:15)

浪速高自陣16yから。フォルススタートの反則で5y罰退。ランプレーでゲインを試みるが再びフォルススタートの反則。ここで3rdD4からのスクリーンパスを#73大黒がインターセプト!攻守交代!

一高敵陣20yから。田中、藤田のランで3rdD5。佐竹から#84林へ左サイドへのプレーアクションパスは不成功、4thDとなりFGへ。ここは藤田がきっちりと決めて3点を追加、10-0とした。(2:28)

一高のキックオフはタッチバックとなり、浪速高自陣25yから。QBキープ、中央のランで1stDを更新。自陣40yからのパスは成功したが4thD3となったところで第1Q終了。

【第2Q】
浪速高自陣47y 4thD3 パント。このパントを#29村田が敵陣40yまで戻すナイスリターン!一高は#47中村のラン、佐竹のキープでゲインを試みるがパントへ、藤田のパントはタッチバックとなる。

浪速高自陣20y、ランプレーは一高ディフェンスの集まりが良くロス。4thD2となりパントへ。

一高敵陣40y。田中、松下のランでゴール前16yへ。再び田中のランでゴール前3y、最後も田中のランでTD!#51稲田のキック成功、7点を追加。17-0とした。(4:40)

浪速高自陣43yから。左サイドラインへのパスを一高ディフェンスがカットしたかの様に見えたが、浮いたボールを浪速高レシーバーがキャッチし、そのまま走り切りTD。キックは不成功、6点を返す。17-6(4:28)
浪速高のキックオフはタッチバック。一高自陣25y、田中の左右のスイープ、矢倉のランで敵陣32yへ。一高は背後からの不正なブロックの反則で10y罰退。
しかし、佐竹から村田、#5古川へのパスで1stDを更新。ゴール前19yからは田中の連続のランでTD!稲田のキック成功、7点を追加し24-6とした。(0:46)

浪速高自陣30y、右サイドラインのパスは不成功。ドローもゲインせず3rdD10となったところで前半終了。24-6での折り返しとなった。

【第3Q】
浪速高のキックオフで後半開始。これを#18長井が大きくリターン!敵陣31yへ!
ここで佐竹から#3平井へのミドルパスが成功しゴール前9yへ。田中の連続のスイープでゴール前5y迄ゲインするがFG。これを稲田がきっちりと決めて3点を追加。27-6とした。(7:36)

浪速高自陣28y、ランプレーでゲインを試みるが一高DL大黒、#77松原のラッシュで大きくロス!4thDロングとなりパントへ。

一高自陣46y。#44米山の中央ラン、田中のランで敵陣34yへ。ここで佐竹から平井へのパスが通りゴール前20yへ。佐竹のキープでゴール前3yとなり最後は米山の中央を突くランでTD!稲田のキック成功、7点を追加。34-6とした。(3:01)

浪速高自陣20y。しかし最初のプレーでボールをファンブル、これを#66安田が押さえて攻守交代!

一高ゴール前10y。佐竹から平井へのパスが通りTD!稲田のキック成功、7点を追加。
41-6とした。(2:48)

浪速高は一高のキックオフを大きくリターンし敵陣43yへ。中央のランは大きくゲインするが、イリーガルモーションの反則。ランとパスで27y迄ゲインするが、ここでファンブル。これを#19山根が押さえて攻守交代!

一高自陣28y。佐竹のキープで4yゲインしたところで、第3Q終了。

【第4Q】
一高自陣32y 2ndD6。佐竹から林へのミドルパスが成功し1stDを更新。村田へのパスでゲインを試みるが4thD3となりパント。

浪速高自陣13y。プレーアクションパス、QBキープで1stDを更新。ラン、パスを織り交ぜ敵陣49yへ。ここからはランプレーを中心にゲインを重ね、最後は中央のランでTD。2ポイントコンバージョンが成功し8点を返し、41-14とした。(1:53)

一高自陣46y。QBは1年生畑中。しかし最初のプレーで左サイドへ投じたパスはインターセプトとなり攻守交代。

浪速高自陣45y。左へのQBキープで大きくゲインするが浪速高にクリッピングの反則。1stDロングとなるがパス、スクリーンでゲインを重ねて1stDを更新。敵陣44yからスイープ、パス、QBドローでゲインを試みるがここで試合終了。
41-14で関大一高KAISERSの勝利となった。



前の記事へ 記事一覧 次の記事へ