試合結果
前の記事へ 記事一覧 次の記事へ

vs.関学高等部【全国大会3回戦】

2015/11/23

第46回 全国高等学校アメリカンフットボール選手権大会 3回戦
VS 関西学院高等部 2015.11.21(土)@王子スタジアム13:30キックオフ

チーム

1Q

2Q

3Q

4Q

合計

関大一高 0 0 7 3 10
関学高等部 7 0 0 7 14



【第1Q】
関大一高(一高)のキックオフで開始。
関学高(関学)は自陣24yからの1stシリーズ。左サイドへのパス、右オープンランで連続の1stD更新、敵陣34yへ。
QBキープには#27児玉、#16小田、#31佐々木がタックル!しかし、右サイドへのパスを通されて1stD更新、敵陣23yへ。
中央のランには#72池がタックル!QBキープ、中央のランで4thD1とし、QBスニークで1stD更新、ゴール前11yへ。
ここから中央を突くドローでTD、キック成功。関学が先制した。(計時5:26 スコア0-7)

一高自陣34y、QBは#7畑中。#11田中の中央ラン、#9日野上の左オープンラン、田中のリバースフェイクの右オープンランでゲインを試みるが、4thD6となりパントへ。

関学自陣10y、右オープンランで6yゲイン。中央のランには佐々木がタックル!しかしショートパスで1stD更新、自陣26yへ。右サイドへのパスで再び1stD更新、自陣38yへ。
中央のランには#74浅野、#99中川がタックル!続くランプレーにも#25坊農、#79森川のタックルで3yのロス!ここで第1Q終了。(スコア0-7)

【第2Q】
関学自陣35y、3rdD13。ドローでゲインを試みるが4thD8となりパントへ。

一高自陣30y、連続のQBキープで1stD更新。#6廣田の右サイドへのパスで1stD更新、敵陣40yへ。
畑中のキープ、中川の中央ラン、田中への左ピッチで1stD更新、敵陣27yへ。
再び畑中の連続のキープで1stD更新、敵陣15yへ。
廣田の右オフタックルラン、畑中のキープで3rdD9となったところで、ワイルドキャットからのプレーの際にファンブルとなったが、一高が何とかリカバー。4thDでFGを狙うが不成功となり攻守交代。

関学自陣20y、右サイドへのパスを#39竹内がインターセプト!攻守交代!

一高敵陣24y、#80藤井へのパスが成功しゴール前8yへ。
小田へのヒッチパスは1yのゲインに留まる。続くランプレーの際にファンブルが発生したが一高がリカバー。廣田への左サイドへのパスは成功となったがエンドゾーンに届かず、一高はFGを選択。しかし不成功となり、ここで前半終了。関学7点リードでの折り返しとなった。

【第3Q】
関学のキックオフで開始。
一高自陣24y、QBは日野上。自ら左サイドラインを駆け上がるがファンブル、これを関学がリカバーし攻守交代。

関学敵陣49y、中央のランで7yゲイン。続くランプレーには、坊農、小田のタックルで3rdD4。1stD更新を狙う関学は、再びランでゲインを試みるが一高ディフェンスが踏ん張り4thD1となりパントへ。

一高自陣9y。廣田、田中のランで1stD更新、自陣27yへ。小田への左サイドへのパスが成功し1stD更新、自陣48yへ。
#2若松へのヒッチパス、畑中のキープ、中川へのショベルパスで1stD更新、敵陣41yへ。
小田への右サイドへのパスで1stD更新、若松への右サイドへのパスで連続の1stD更新、敵陣14yへ。
ここから中川への右サイドへのパスが成功、中川が一気にエンドゾーンまで持込みTD!キック成功、一高が同点とした。(計時2:53 スコア7-7)

関学自陣34y、右オープンランには竹内がタックル!ショートパスは不成功となり3rdD11、ここからドローでゲインを試みるが、キャリアーがボールが手に付かず、浮いたボールを児玉がキャッチして攻守交代!

一高敵陣27y、一高が交代違反で5y罰退、畑中の連続のキープ、坊農の中央ランで4thD1となったところで第3Q終了。(スコア7-7)

【第4Q】
一高敵陣18y、4thD1。QBスニークで1stD更新、敵陣16yへ。
中川の中央ラン、続くパスプレーではQBが投じたボールがディフェンスに当たり、浮いたボールを小田が上手くキャッチ。3rdD8からリバースプレーでゲインを試みるが4thD5となり一高はFGを選択。これを#8増田が決めて3点を加え、一高が逆転に成功した。(計時7:21 スコア10-7)

関学自陣41y、QBキープ、ショベルパスで5yゲイン。右サイドへのパスは不成功となり4thD6となりパントへ。

一高自陣22y、田中の右オフタックルラン、廣田の中央ラン、中川の中央ランで4thD6となりパントへ。これを関学ディフェンスがブロックし、そのままエンドゾーンへ持込みTD、キック成功。関学の逆転となった。(計時3:25 スコア10-14)

一高自陣12y、パスプレーで何とか逆転への糸口を掴もうとするが、ホールディングの反則、QBサック、パスカットが続き、4thDで再びファンブルしたボールがOBへ出てしまい、その地点での攻守交代となった。

関学敵陣16y、試合終了まで1:05からのオフェンスは、4連続のランプレーで1stDを更新し、ゴール前1yへ。最後は時計を進めて試合終了。
関大一高は10-14での敗戦となった。



前の記事へ 記事一覧 次の記事へ